採用支援システムのメリットとデメリット

長引く不況や人々の価値観の変化、労働人口の減少や高齢化により、各会社の雇用環境も大きく様変わりしています。具体的には、従来、採用の基本は新卒者でしたが、最近では、中途採用や第二新卒が基本となりつつあり、それ以外にも高齢者雇用や短時間雇用、非正規社員の雇用など、雇用形態が多岐にわたることから、今まで以上に採用業務が煩雑になってきているのです。そのため、採用担当者に係る負担は大きくなる反面、非現業部門に人件費を多くかけられない事情から、採用にかかる業務をシステム化しようとする取組みが活発になっています。こういったシステムは、膨大な採用データをシステム内で一元管理し、採用効果を高めながら選考業務を効率化することを目的としており、大きな成果を上げている反面、改善の余地も残しているのが実態です。

採用支援システムのメリットについて

人材を採用する上で大切なことは、会社に利益をもたらす人材を数多く確保することです。そのためには、これまでの選考試験の内容や、合格者の入社後の実績、面接官の質問内容、合否の基準といったデータをできるだけ大量に蓄積することが不可欠です。これらのデータを多角的に分析することによって、選考試験の出題傾向や面接における観察ポイント、入社後の訓練体型などの検証・見直しが、PDCAサイクルに基づき正確かつ迅速に行うことが可能となりますから、会社が必要とする人材を効率的に確保することにつながっていきます。実際にシステムを導入した会社では、採用管理にかかる業務の効率化を図るとともに、詳細なデータ分析を行うことで、人材確保は当然として採用コストの削減にも効果を発揮しています。

採用支援システムのデメリットについて

採用支援システムは膨大なデータを多角的に分析することにより、それぞれの会社において最適な採用方針や選考基準を導くことが可能となりますが、より正確な分析を行うためにはデータの蓄積が必須になります。しかしながら、多くの会社では採用や選考にかかるデータを個々の担当部署で管理していたため、必要なデータ量が不足している実態があり、本格的に稼働するまでに時間がかかるといったデメリットがあります。また、データを分析するためには、分析にかかる高いスキルが必要となり、社員の育成にも時間がかかります。しかしながら、これらのデメリットは、一時的なものであり、導入することのメリットを考えると、大きな問題ではありません。大切なことは、採用支援システムを導入することではなく、いかに活用するかであり、本格的に活用するまでのビジョンをしっかりと持つことなのです。